『かまくら笑ん座』では、知的障害・精神障害(発達障害を含む)をもつ方々を対象に、工房やカフェで次の事業を行います。

就労継続支援B型事業

一般企業などで就労が困難な方を対象にして、働く場所を提供するとともに、就労に必要な知識の習得及び能力の向上に必要な訓練を行います。

*物造(ものづくり)

工房では、素材(服飾メーカーから譲り受けた布など)を再利用したオリジナルの商品(縫い物、織物、染め物)を製作します。

商品は、カフェでの店頭販売はもちろんのこと、玉縄すこやかセンターなどの出張販売もしています。

*畑・ガーデンづくり、野菜販売

近くの農園にて野菜を育てます(施設外就労)。

育てた野菜は、「鎌倉野菜」として、カフェ(毎週火曜日)や玉縄すこやかセンター(毎週金曜日)などにて販売しています。また、野菜の一部は、近隣のレストランにも卸しています。

*カフェ

働くことを通して、他者との関わりの中で、自己の理解を促すと共に、社会参加への意欲を高めていきます。「人」として認められること感じ、理解することにより、自尊心を高め、本人の『じりつ(自立及び自律)』を支援します。

*一般デザイン印刷

名刺作成など、デザイン印刷を全般的に請け負います。

就労移行支援事業

個別の支援計画に基づいて、就労を目指した訓練を行います。ハローワークや関係機関と連携を図り、一人一人の希望に沿った就職支援をしていきます

*さまざまな作業

工房での物造り、カフェなどの作業や施設外就労を通して、やりたい・やれる仕事を見つけ・発見します。また、コミュニケーション能力やビジネスマナーを育てます。

 

*パソコン研修

一人一人に合わせたプログラムを組み、情報処理能力の向上を図ります。


 

♪  ♪  

 

♪みんなの「居場所」として

『かまくら笑ん座』の工房やカフェは、皆様の『居場所』になります。

障害を持つ利用者の方々には

働くことの喜びを感じることができる、温かく、ときには厳しい『居場所』になります。安心して、社会の中で働く準備ができる場所であり、安心して働くことができる場所です。


カフェに来店くださるお客様には
ホッとする『居場所』になります。地域の高齢者の方々や子育て中のお母さん等、皆さんが笑顔を交わすことができる場所です。

城廻にある事業所(工房)の前で、皆様をお迎えするサインボード。

このサインボードは、職員が制作しました。デザインは、職員とその家族が出し合ったものの中から、多数決で選びました。選ばれたデザインは、職員のお子さんが考えたものです。

『かまくら笑ん座』のそれぞれの文字は、人や動物(イヌ、ネコ、ヘビ、…)で表されており、「命」あるものが、みんな仲良く集まってきている様子が描かれてい ます。障健混在、隔たりのない社会の実現を願う、そして、みんなの『居場所』づくりを目指す我々にとって、ぴったりのデザインだと思います。